理想のバストを手に入れられる

大きさ以外に形の調整も可能

豊胸手術はその名称から乳房を大きく膨らませるイメージがあります。実際に乳房のサイズを大きくする手術もありますが、大きさに限らず形を綺麗に整えることができるのも豊胸手術のメリットです。女性が抱く乳房の悩みは左右で形が異なる、形状がいびつなど様々です。医療技術の進歩により、胸部を切開せず薬剤を直接注入して理想的な形状に仕上げることが可能になっています。薬剤を注入する豊胸手術は切開手術のような傷跡が残らず、体への負担もほとんどありません。そのため、入院せず日帰りで利用することも可能になっています。細かい微調整も容易なので、少しだけ形を変えたいなど様々なニーズに対応している点も広く普及した要因と言えるでしょう。

色のくすみや弾力性の問題も解消できる

胸部に乳房を膨らませるシリコンを入れてそれでお終いだった旧来の豊胸手術は単にサイズを大きくするだけでした。そのため、常に患者の希望通りの結果になるとは限らなかったのが実状です。形が気に入らない、肌にシミがあるなどの問題はサイズを大きくするだけでは解消されません。薬剤を直接注入する方法が主流になったのはサイズを大きくすること以外の悩みに対応しているのが理由です。形の良し悪しについては薬剤を注入した後で成形ができる点が高く評価されています。シミや角質化などの肌トラブルも注入する薬剤に症状を緩和させる成分を含ませることで、状態の改善を図ることができます。乳房の弾力性についても旧来のシリコンではどうしても違和感が生じていました。

しかし注入式の豊胸では脂肪と同じ弾力性を持つ薬剤が使われているので、触ってもほとんど違和感がありません。