失敗のリスクはある?

経験が浅い医師に任せると傷跡が長期間残ってしまうことがある

豊胸手術は、バストアップ効果が期待できるシリコンバッグなどの素材をメスを使って胸に直接挿入するため、個人差はあるものの体に大きなダメージが掛かります。また、経験が浅い美容外科の医師に手術を任せる場合には、傷跡が長期間残ってしまうなどのリスクが高くなることがあります。こうした問題を防ぐには、少し手術の費用が高くなりますが、なるべく経験豊富な名医が揃っているクリニックを探すことが重要です。豊胸手術を専門とする医師の数が多いクリニックの中には、患者の不安を解消するために、カウンセリングの時に写真や動画などを使って手術中や術後のバストの状態について、担当の医師が分かりやすく説明しているところもあります。

術後の患部のケアが不十分な場合は感染症や後遺症のリスクもある

豊胸手術の後に理想的なバストを手に入れるには、担当の医師の技量や経験ばかりでなく、院内の衛生環境にもこだわって通院先を決めることが大切です。たとえば、術後の患部のケアが不十分な場合は、様々な感染症や後遺症が起こるリスクが生じることがあります。そこで、契約前に各クリニックのウェブサイトに目を通したり、可能であれば院内の見学をさせてもらったりすることがおすすめです。また、クリニックによっては安心して豊胸手術に臨める環境を整えるため、定期的に医師や看護師を含めたすべての医療従事者を対象に衛生管理に関する研修を実施しているところもあります。こうしたクリニックは、バストアップを希望する多くの女性が集まることもあるため、余裕を持って手術の予約を取ることが肝心です。