サイズアップには限りがあるの?

バストサイズを増やせる限界値は施術によって異なる

シリコンバッグ挿入術や脂肪注入術、ヒアルロン酸注入術など豊胸の方法には様々な選択肢があります。それぞれ手術を伴わない豊胸法だったり、術後の炎症が少ないなどの特徴がありますが、期待できるバストサイズの増大についても差があります。原則、皮膚の進展度には限界があるので皮膚を切開せずに行う脂肪注入術やヒアルロン酸注入術ではバストサイズはひとつ上がれば限度であり、皮膚を切開して手術を行いシリコンバッグを挿入する術式がひとつからふたつカップ数が大きくなるのに対して期待できるサイズアップの値が小さくなります。その分、切らない豊胸術ではボリュームが欲しい部分にだけ体積を補うことが出来るので、大きなサイズアップよりも左右差を整えたりするために用いられることが多いです。

自分の理想とするバストのサイズや形を明確にしておく

もし、あなたが服の上からも分かるようなプロポーションの変化を望むのであれば、足りない部分に少しボリュームを補うだけでは希望は叶えられず、必然的にシリコンバッグ挿入術によるサイズアップを行うことになるでしょう。逆に少しのサイズアップで構わないからバストトップ、あるいはアンダーにボリュームを補いたい、という場合ではヒアルロン酸注入術などの切らない豊胸術が選択肢に入ってくるでしょう。とにかくバストサイズをアップさせたいと考えるのではなく、理想的なバストのサイズや形について思い描いておくことが、施術を受けた時に後悔しないコツなのだと言えます。理想とするバストについて、美容外科の先生としっかり話して、納得した上で施術を選びましょう。