メスを使わない方法も選べる

胸に傷を残したくない人は脂肪注入の方法について調べてみよう

豊胸手術は全身麻酔が必要となることや、術後も長く胸の周りに傷が残ることから躊躇をしてしまう女性も珍しくありません。そうした悩みを解決するには、脂肪注入法をはじめとしたメスを使わない方法に定評があるクリニックを選ぶことが大切です。脂肪注入法は、自分の二の腕や太ももなどから採取した脂肪を使用するため安全性が高く、傷跡がほとんど残らないといったメリットがあります。また、従来の豊胸手術と比べて料金が安く済むのはもちろんのこと、術後の通院期間が短いため、初めて美容整形を受ける人に向いています。なお、脂肪注入の量や箇所については、医師と相談をして決めることができるため、施術に興味がある時はすぐにカウンセリングの予約を取ることがおすすめです。

気軽にバストアップをしたい人はヒアルロン酸注入法を検討しよう

様々な豊胸の方法の中でもヒアルロン酸注入法は、外科手術や脂肪注入法よりも効果が弱いものの、費用が安くダウンタイムの期間が短いため、ファッション感覚で施術を受けられるといった魅力があります。また、バストアップの効果を維持するために定期的な通院が必要となりますが、一回あたりの診察や処置の時間が短いことから、仕事や家庭生活に負担を掛ける心配がありません。ヒアルロン酸注入法で使用される薬剤の種類はクリニックごとに異なりますが、人体に優しい美容成分が多く配合されており、注入量によっては美容効果を期待することも可能です。その他、ヒアルロン酸注入法をメインに行っているクリニックの中には、モニター募集やキャンペーンの実施をしているところもあります。そのため、お得に施術を受けたい人は、身近なところにあるクリニックの情報を集めてみましょう。